火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.com - 今治・新居浜

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険の特約「類焼損害補償」はどんな時に支払われる?

火災保険の保険金請求

火災保険の特約「類焼損害補償」はどんな時に支払われる?

2022年07月28日

【ご相談事例】

火災保険の特約「類焼損害補償」はどんな時に支払われる?

【ご回答】

類焼損害補償は、自分の家で発生した火災が近隣の住宅に飛び火した場合、飛び火した先の住宅を再築するための費用を補償するものです。

日本には「失火法」という法律があり、重大な過失がない限り火災を起こした者の責任は問われませんが、その後の近所付き合いなども考えて「類焼損害補償」を付帯される方が多いようです。

おさえておきたいのは、類焼損害補償が支払われる条件です。

類焼損害補償で支払われるのは、延焼した隣家の火災保険で足りない分です。

隣家に支払われるのは、「再調達価額(建物を再建するのに必要な額)」から「隣家の火災保険金」を差し引いた額 となり、優先されるのはあくまでも隣家の火災保険です。

つまり、隣家の火災保険が再調達価額で十分な復旧ができる内容になっていた場合、類焼損害補償からは1円も支払われません。

逆に言えば、隣家が火災保険に入ってなければ、再調達価額全額が支払われます。
(支払限度額は1億円となっている保険会社が多いようです)

10年以上前に加入された火災保険では、「時価額(再調達価額-経年による減価分)」の契約となっているケースが多く見られます。

延焼した隣家の火災保険が時価額契約だった場合、火災保険金だけでは再築費用が不足する可能性が高くなります。

ご近所の方がどんな火災保険に入っているか、確認してまわることはできませんが、古くからの住宅が建ち並ぶ地域や、建物同士の間隔が狭い住宅密集地域の方は特に検討していただきたい補償です。

※保険会社やお住まいの地域などによって、保険料は異なります。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

ほっとけんブログ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート
イエステーション今治店
イエステーション西条店
イエステーション新居浜店

サイト運営者

代表取締役 丹後 博文

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 アクティブ愛媛総合センター

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
土曜 9:00~16:00

今治本店
TEL:0898-23-2928
FAX:0898-22-3577
〒794-0042
愛媛県今治市旭町4丁目1-8

旧国道196号線ハリソン電機斜め前 愛媛銀行旭町支店3軒隣り
駐車場完備

新居浜店
TEL:0897-47-4570
FAX:0897-47-4571
〒792-0023
愛媛県新居浜市繁本町7番4号

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

2010年 東京海上代理店お客様満足度第1位

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。