火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.com - 今治・新居浜

HOME > 目的別保険相談 > 自然災害で被災したら、被災者生活再建支援金が支払われるそうですが火災保険での備えも必要ですか?

火災保険の新規加入

自然災害で被災したら、被災者生活再建支援金が支払われるそうですが火災保険での備えも必要ですか?

2016年12月27日

【ご相談事例】

自然災害で被害を受けた場合には、被災者生活再建支援金が支払われると聞きました。
火災保険を契約する場合には洪水や竜巻など、自然災害に備える必要はありますか。

【ご回答】

自然災害によって大きな被害を受けた人に対し、都道府県が支援金を支給する「被災者生活再建支援制度」があります。

制度の対象になるのは、10世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村などで、以下の要件を満たしている被災世帯です。

1.住宅が「全壊」した世帯
2.住宅が半壊、または住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
3.災害による危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯
4.住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯

被災者生活再建支援金は、住宅の被害の程度によって支給される「基礎支援金」と、住宅の再建方法に応じて支給される「加算支援金」があり、それぞれの支援金に上限があります。

「基礎支援金」は建物が全壊、もしくは半壊したために解体し、長期の避難を余儀なくされた場合に100万円、住宅が半壊して大規模な修繕が必要な場合に50万円が給付されます。

「加算支援金」は、住宅を建設するか購入する場合に200万円、補修する場合に100万円、住宅を賃貸する場合に50万円が給付されます。

2つの支援金をあわせて最大でも300万円が限度となります。

被災世帯にとって「被災者生活再建支援金」は生活を支える貴重な資金になりますが、生活を再建するための資金としては十分でありません。

万が一のときに必要な補償がきっちりと受けられるか、火災保険の備えをご確認ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

ほっとけんブログ
営業・事務スタッフ募集
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 丹後 博文

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 アクティブ愛媛総合センター

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
土曜 9:00~16:00

今治本店
TEL:0898-23-2928
FAX:0898-22-3577
〒794-0042
愛媛県今治市旭町4丁目1-8

旧国道196号線ハリソン電機斜め前 愛媛銀行旭町支店3軒隣り
駐車場完備

新居浜支店
TEL:0897-47-4570
FAX:0897-47-4571
〒792-0025
愛媛県新居浜市一宮町1丁目13-1

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

2010年 東京海上代理店お客様満足度第1位

全国保険相談ネットワーク